真茶園
  • ログイン
  • カート

お茶の豆知識

  • 2023.12.01
  • お茶の効果

急須のお茶の、ココがすごい!

お茶の成分が体に良いということは、今や周知の事実。日本だけでなく、海外からも注目されており、外国においても緑茶の人気は非常に高くなっています。
しかし、頻繁に飲んでいたとしても、その飲み方によっては、しっかりと成分が摂取できていないことも……。
今回は、ペットボトルのお茶と急須で淹れるお茶の違いについて、見ていきたいと思います。

茶カテキンの効果とは

まずは、それぞれお茶の成分の効果や効能についてみていきましょう。
はじめに、カテキン。
お茶には、カテキンと呼ばれるポリフェノールが含まれています。緑茶の苦味や渋みとなる成分であり、お茶の味わいに深みを与えてくれる、とても大事な役割をしています。
この茶カテキンの効果には、抗酸化作用や、脂肪の代謝を高める働き、そして、虫歯や歯周病の原因菌増殖を抑制することなどが知られています。

抗酸化作用

アンチエイジングに役立ちます。また、免疫機能の低下も予防しますから、あらゆる外敵から体を守り、健康維持が期待できます。

脂肪の代謝を高める

内臓脂肪の低減に力を発揮します。生活習慣病の予防に繋がります。

虫歯や歯周病の予防

ミュータンス菌等の増殖を抑制することにより、虫歯や歯周病を予防します。また、緑茶にはフッ素も含まれており、Wでの効果が期待できます。

 

このように、とても嬉しい茶カテキン効果ですが、実は、ペットボトルのお茶にはあまり含まれていません。調査機関のテストによると、急須で淹れたお茶に含まれる茶カテキンの効果は、なんとペットボトルの2.5倍もあるというのです!
この違いは、大きい。
だからこそ、同じ飲むのであれば、やはり効果の高い急須のお茶をお勧めしたいのです。

テアニンの効果とは

次に、テアニンの効果について見ていきましょう。
テアニンはアミノ酸の一種で、旨み成分。お茶を飲んだ時に感じる柔らかさや甘味は、テアニンの働きによるもの。美味しいと感じさせる役割を担います。
そしてテアニンには興奮抑制作用があります。リラックスさせることで睡眠の質を向上させたり、女性の場合にはPMSの改善等も。穏やかな生活のために役立つ成分と言えるでしょう。

そして、このテアニンにおいても、ペットボトルのお茶に比べ、急須で淹れたお茶の方が5倍も含まれるという結果が出ているのです!
やはり、急須で淹れるお茶のパワーはあなどれません。

ビタミンCの効果とは

緑茶には、ビタミンCも含まれています。
ビタミンCの働きとして有名なのは、メラニン⾊素の⽣成を抑える働きですよね。シミが出来る前に、その原因となるメラニンの働きを抑えるだけでなく、すでにつくられてしまったメラニンに対しても脱⾊する効果があると言われ、美肌の強い味方として知られています。また、ビタミンCには、抗酸化作用、コラーゲンの生合成、鉄の吸収促進、コレステロールの処理といった働きもあります。

想像以上に働きものなビタミンC。このビタミンCも、ペットボトルのお茶は、急須で淹れたお茶にはかないません。というのも、急須で淹れたお茶に含まれるビタミンCは、天然のもの。一方、ペットボトルのお茶に含まれるビタミンCは食品添加物であり、その吸収率には5倍もの違いがあるのです。
さらに、お茶に含まれるビタミンCは、レモンを超えています。
効率よくビタミンCを摂取するなら、急須で淹れたお茶が最適解と言えるでしょう。

 

ペットボトルのお茶は、確かに手軽に飲めるのかもしれません。
しかしそれ故に、不足している部分が多くあることを、知っておいて欲しいと思います。
急須で淹れたお茶の良さは、ペットボトルのお茶とは比べ物にならないほどに素晴らしいもの。もちろんそれは、美味しさについても同様です。
急須で淹れるお茶で、健康をより身近なものにしていってくださいね。

 

  • x
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • pocket
  • Pinterest

関連記事

2024.02.17

戦国大名の心を癒すお茶の役目とは

2023.12.23

不調に悩む冬、救世主は緑茶です!

2023.10.20

緑茶のカテキン効果で冬を元気に過ごそう!