真茶園
  • ログイン
  • カート

お茶の豆知識

  • 2023.10.20
  • お茶の効果

緑茶のカテキン効果で冬を元気に過ごそう!

次第に寒くなってきました。のどの乾燥や痛み気になる季節。インフルエンザ流行のニュースも聞こえるようになりました。
冬だって、やっぱり元気に過ごしたい!
そこで今回は、温かい緑茶のパワーについて書いていきたいと思います。

冬こそ飲んで欲しい!温かい緑茶

「緑茶が健康に良い」とは聞くけれど、何がどう良いのでしょうか。
注目して欲しいのは、『カテキン』です。
緑茶に含まれるカテキンの効果については、『酸化から守る力が強く、抗菌や食中毒予防など、健康維持に関わる働きを持っている』ことが、あらゆる学術論文や医科大学、企業において証明されています。
そして緑茶には、そのカテキンが、エピカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレート(EGCG)と、なんと4種類も含まれているのです。
これにより、緑茶を飲用していれば、体内にウイルスや細菌が侵入したとしても、細胞内で増殖を抑えることが可能となります。
つまり、喉を例に挙げると、空気中のウイルスを吸い込み、付着したとしても、緑茶を飲用していればその増殖を抑え、『喉の痛みが強くなる前に症状を緩和することができる』というわけ。

緑茶のカテキン効果、すごいですよね!

緑茶のカテキン効果を最大限にする方法

とても魅力的な緑茶ですが、実はその水の温度で、摂取できるカテキン量が大きく変わってしまうことが分かっています。
カテキンをしっかりと溶出するためには、温かいことが重要なポイント。
水では溶出されにくいため、緑茶のカテキン効果を期待する際には、水出しではなく、ホットで飲むようにしましょう。

また、温かい飲み物には、それ以外にも良い効果があります。
それは、温かい飲み物を摂取すると、胃腸を温め、体の働きが活性化。体温が上昇し、白血球が活動的になり、体を守る働きが高まって免疫力の向上に繋がってくるのです!

つまり、緑茶のカテキン効果だけに関わらず、温かい飲み物を冬に摂取するのは、体にとても良いということ!
これからの季節、温かい緑茶を飲んで、しっかりと体を守っていきましょう。

オススメは、深むし茶

真茶園の人気商品である『トロリ出るお茶』は、深むし茶と呼ばれる種類のお茶です。『深むし』とは、茶葉の蒸し時間を通常よりも長くすることで茶葉を柔らかくし、甘みとコクを引きだす製法のこと。そして、この深むし製法が、カテキン溶出にも効果を発揮するのです!

というわけで、冬こそ、より『トロリ出るお茶』を飲んで頂きたい!!
真茶園イチオシでのオススメです。

カテキンを効果的に摂取するには

昨今、様々な緑茶のペットボトル飲料が販売されていますが、緑茶のカテキン効果を存分に享受するには、やはり急須のお茶が一番です。
先ほども書いたように、『深むしで、温かくて』と存分にこだわりを発揮するには、やはりご自身で淹れるのがベストな選択。
ぜひこの機会に、急須のお茶に親しんで欲しいと思います。

お好きな急須を用意して、トロリ出るお茶』をティースプーンに1杯。お湯は、湯呑みで一杯。これで、ぴったりひとり分のお茶が淹れられます。飲み時は、30秒~1分後。
じっくりと旨みのカテキンが溶出された美味しいお茶が頂けますよ。
そして、一煎目を美味しく味わったなら、ぜひ二煎目もどうぞ。

緑茶を急須で味わうのは、決して難しくはありません。作法など気にせず、ご自身の『味覚』を大切にチャレンジしてみて欲しいと思います。

 

コロナ禍を経て、人々は『免疫力』の大切さを痛感することとなりました。ウイルスや細菌を完璧にシャットアウトする生活は難しくても、体がそれらをシャットアウトする方法は、意外にも日常の中に転がっています。今回の『温かい緑茶』もそのひとつ。
ぜひ、取り入れてみて欲しいと思います。

  • x
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • pocket
  • Pinterest

関連記事

2024.02.17

戦国大名の心を癒すお茶の役目とは

2023.12.23

不調に悩む冬、救世主は緑茶です!

2023.12.01

急須のお茶の、ココがすごい!