真茶園
  • ログイン
  • カート

お茶の豆知識

  • 2023.08.30
  • お茶の楽しみ方

自宅アフタヌーンティーを楽しむ

ヌン活、ご存じですか?
かわいい響きですよね。
アフタヌーンティー活動の略で、“お茶と軽食、そしてスイーツを楽しむひとときを大切にする”ことを指しています。
今回は、このヌン活について考えてみましょう。

アフタヌーンティーとは

アフタヌーンティーとは、1800年代中頃、イギリスの貴族たちの間で始まった習慣のこと。当時の食事は1日2回が通常だったので、その間に軽食を食べる時間が設けられたというわけです。
そしてアフタヌーンティーは、ひとりで楽しむものから、ご近所さんを誘い、みんなで楽しむものへ変化。いま、日本人が思い描くアフタヌーンティーのシーンになっていきました。

自宅アフタヌーンティーでなければ!

最近流行っているヌン活だと、『ホテルで優雅に楽しむものがアフタヌーンティー!』とされています。何段にも重ねられたケーキタワーと紅茶。そんなイメージを持たれる方が多いかもしれません。でも、本来のアフタヌーンティーは、もっと気軽なスタイル。

ご自宅でアフタヌーンティーの場を設け、ケーキだけでなく、軽食と一緒にお茶を味わい、楽しみ、ご近所の方と話を弾ませられれば、素敵だと思いませんか!

日本にもあった、アフタヌーンティー

日本にも、お茶を楽しむ時間が、昔から存在しています。
例えば、農作業の合間のお茶休憩。おにぎりなどと一緒にお茶を飲み、語らう時間となっていました。他にも、ご近所さんの家を行き来し、何かしらの食べ物を持ち寄り、お茶を楽しむ時間ってありますよね。
『お茶のみ友だち』や『お茶請け』という言葉があるように、昔から、お茶の時間が習慣化されていたことが分かります。
その時に一緒に食べていたのは、茶菓子であったり、お漬物など。
形は違えど、これぞ日本版・自宅アフタヌーンティーと言えるもの。
ホテルで楽しむアフタヌーンティーも素敵だけれど、自宅アフタヌーンティーも、ぜひ、どんどん楽しんで欲しいと思うのです。

アフタヌーンティーには、お茶も数種類!

アフタヌーンティーを企画する際、軽食やスイーツに目が行きがちです。
「おしゃれなお取り寄せスイーツを用意しなくちゃ!」
「サンドイッチがいいかしら?」
「美味しい和惣菜も素敵!」
そんなこんなで、飲み物はお茶1種類にコーヒー、という寂しい感じになってしまうのです。

そこでご提案!

『お茶が主役』のアフタヌーンティーを企画してみませんか!

● 深むしトロリ出るお茶

● 黒つばら焙茶

● がんこ職人炭火仕立

といった具合に味わいを変えたお茶を数種類用意し、飲み比べをしてみるのも、アフタヌーンティーの楽しみ方のひとつ!
「このお惣菜とこのお茶、合うわね。」
「スイーツと緑茶もなかなかいいかも。」
なんておしゃべりに、花が咲くかもしれません!

 

真茶園には、味わいの異なるお茶がたくさん揃います。
まるでコーヒーのような味わいの『黒つばら焙茶』、まろやかな旨味が自慢の『深むしトロリ出るお茶』など各種ご準備頂き、お茶を楽しむヌン活、試してみてくださいね。

  • x
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • pocket
  • Pinterest

関連記事

2024.06.07

緑茶はこう楽しむ!マイスタイルのご紹介

2024.05.07

お茶を急須なしで飲む方法

2023.10.21

緑茶も、イタリアのエスプレッソのように